前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 仕事終わってさ、帰宅する途中にあるコンビニでいつも焼き鳥を買うんよ、ワイ。そんでいっつも「焼き鳥のももの塩を2本ください」って言うんだよ。けれど毎回タレを渡されるんだ。まあ値段も一緒だし、味もどっちでもいいかなあと思ってるからそのまま持ち帰って食うんだけど。
 でもふと思ったんよ。もしかしてワイが塩だと思い込んでいたものはもしかしたらタレなのかもしれない。哲学で言うところのクオリアだろうか?いや、違うか。もしくはワイが「塩をください」と言おうとしたとする。脳髄までは"塩"だが口に出すときと、その音声が耳に届く刹那にワイの無意識化の何かは"塩"を"タレ"に変換しているのかもしれない。つまりワイは"塩"を頼もうと思いその通りに注文をしたとしても、ワイの認識外において"タレ"に変換されているという事だ。
 そうなると今までの自意識も全て逆だったんじゃなかろうか。性別、嗜好などなど。いや、そうに違いない。つまりワイは女なのだ。
 やったぜ。とりあえず来週のレディースディに割引料金で「ボヘミアン・ラプソディ」を見に行ってくるわ
戻る

広告


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.