前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
一人黙って じっと空を見つめる
目的は無く 何も思うことなく
この世全てに 興味を持つこと無く
ただ時間だけ 無駄に流れ去り行く

世間を離れ 自分の中に籠り
布団の上で ただ妄想に耽る
時間が経てば 誰からも忘れられ
孤独地獄の 入り口に進み行く

例え何にも しなくとも
周りは常に 動き行く
例え自分が居なくとも
この世は困る 事はない

生きてる意味が 分からなく
日々が苦痛に 代わり行く
こんな苦痛を 受けるなら
首に縄かけ 楽になる
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019-2020 suikentsukai.