前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 「もう生きていくことに疲れました・・・。ぜ☆つ☆ぼ☆う!サヨナラこの世!」

 そう言って私の友人A氏は私の目の前で逆自殺をしたのだった。逆自殺の方法は至極簡単である。それゆえにここ最近では逆自殺をする人々が急増しており、A氏もその有象無象の中へと落ちてしまったのであった・・・。私は逆自殺をする人々の考え方がよく分からない。生きている(普段我々がそう認識せざるを得ない不安定な事象である)のであればその後、今いる絶望という状況の中から抜け出せる可能性があるではないか・・・。なんでみんな分からないんだ?ああ、もう!鬱だ!俺も逆自殺しちゃおっかなー!

 よっしゃあ飛ぶぜ!こんな晴れた素晴らしき日曜日に御免!俺もまたA氏と同じく逆自殺をしてしまった有象無象の中へと仲間入りをしてしまうのだ!しかし、だから何だというのだ!自殺に比べればましだろう!アレはマイナスのイメージがつきすぎているのだ!逆自殺は違う!プラスのイメージさ!しかしそのプラスというのは「前向きの前進」では無く「後ろ向きの後退」的なプラスかもしれんがな!ガハハハハハ!ん?「後ろ向きの後退」って何だ?こわ・・・。やっぱり逆自殺は止めることにしよう・・・。

 そしてそこには私と逆自殺したA氏の残留思念だけが残された・・・。
戻る

広告


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.