前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 「セキュリティホールにも穴はあるんだよなあ・・・」
 私はズボンを下ろし、出てきたイチモツをUSBポート(しかも3.0)へ挿入した。今からこのPCをハッキングするのだ。PCは私のイチモツを認識し、不明なデバイスであることを告げるダイアログを画面に表示させる。そこで私は私の胎内で生成されたコンピュータ・ウィルスを熱いパトスとともに流し込む。私から発せられたインフォメーションはUSBポートを通じてマザーボードへと到達し、受精するのである。そして誕生した「それ」はチップセットに着床する。ここまでが挿入してから114ミリ秒の出来事である。そして500ミリ秒が経過すると「それ」はチップセットから離れてグラフィック・ボードへと移動する。グラフィック・ボードの画像処理機能を用いて自己の姿を電子上に作成するのだ。

 カレーが食べたい。ネパール人がやっているインドカレー屋のカレーを食べたい。ライスとナン。どちらかにするかを問われたならば私はナンを選ぶ。ガーリック・ナンかチーズ・ナンであればなおのこといい。そうして私は注文を終え、サービスのラッシーを飲んで料理を待つのだ。
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.