前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】

目の前の男が言う。

「知っているかい?宇宙ってのはね・・・サバ味噌なんだよ。」

意味が解らなかった。しかし、目の前の男は真面目な顔で私に向かい話している。

「分からないかい?宇宙はサバ味噌からできているんだよ。え?ビックバンからだって?
違うんだよ、そうじゃないんだ。確かに大きな爆発があったというのはその通りだよ。しかし
ビックバンではないのだ。それは、そう、サバ味噌を煮ていたら吹き零れてしまったんだよ。
そう、それが宇宙の始まりなんだ。君たちはみんなそうなんだ。ビックバン、インフレーション、
ブラックホール、ダークマター、ニュートリノ。みんなよく分からない単語を当てはめている。違うのだよ。
ビックバンは吹き零れ、インフレーションは鍋の火、ブラックホールはアクを取るお玉、
ダークマターは味噌、ニュートリノは生姜なんだよ。」

男はいっぺんに喋って疲れたのか、話すのをやめ深呼吸をし、また話し始めた。

「サバ-味噌の法則を知っているかい?ああ、君らは万有引力の法則というね。
つまりサバ味噌の中のサバと味噌は互いに互いを・・・・・・」

こんな話を聞いている自分が馬鹿々々しく感じられた。
この狂人の話を聞いている間も生姜は私の体を貫通している。

戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.