前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 ピンク色の象が私の家庭菜園を踏みつぶしていった。
 象が通った後はぺんぺん草も生えないと思いきや、選ばれたのは綾鷹でした。
 「天は二物を与えず」とはよく言うが、天は私にイチモツを与えて下すったようだ。
 私は家庭菜園を諦め、今夜降るであろう流星群を見るために山へと向かった。
 
 あなたの運命はいかに。
 
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.