前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 ある日、空飛ぶ恐竜と自分のキンタマに85%の相似性を見出した作者は、わずかな望みでジュラ紀にタイムスリップした。空を見上げればピンク色の三葉虫が泳いでいる。
 「あ!あれはカツオじゃないか?」作者は叫ぶ。
 しかしそれはよく見たら自分の玉袋であった。作者の運命はいかに。
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.