前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 腹が減ったため何か食い物はないかと部屋を漁った。しかし何もなかった。あったのは冷蔵庫の片隅の追いやられた、いつが消費期限だか分からないマヨネーズだけであった。こんなもの単品で食えたもんではない。しかし早く何かしらのカロリーを摂取しないとオートファジーによって私の筋肉がエネルギーに変換されてしまうのだ。
 「やれやれ」と、私はマヨネーズのキャップを取りそのまま出し口を口につけた。

 マヨネーズかと思ったそれはマヨネーズでは無かった。苦い、そしてどこかしこ青臭い感じがする。何だコレは。何だろう。凄い嗅ぎ覚えのあるこの栗の花のような匂い。一体何なんだ。

 どう考えても精子です。本当にありがとうございました。
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.