前回のあらすじ

戻る
【前回のあらすじ】
 ビビビビビビ!ワイの股間からビームが出た。
 でもそれはクシャタータの陰謀であるから仕方がないはずであるのに、私の隣人のワン老子はそれこそが生命の源である!と叫び出し、私のイチモツを咥えに私の自宅を訪ねるのであった。
 ヘルプミー!えーりん!でもここは東方の世界ではないからえーりんが助けに来てくれることは無いのだ。自分の身は自分で守る、それこそがこの世の常なのである。
 ワンタン食いてぇ。
 でもクシャタータは私にそんなことは許してくれるはずがないのだ!私は一生クシャタータの肉便器でしかないから、そうなのだ。
part1→mg372677
part2→mg376845
part3→mg390733
part4→mg396586
part5→mg398227
part6→mg400123
戻る


TOP

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.