S県M村(β)

S県M村のホームページへようこそ。
妄想情報 お問合せ 村政情報 利用案内
村内序列 最新発言 妄想大賞 コンテンツ募集中

トップ > 妄想トップ

124:光眼_追記
第2世代 作者:千歳 
いい妄想ね:1 再生数(UV):9 妄想履歴:123
この妄想に妄想を加える(村人のみ利用可能)
※「いい妄想ね」と「妄想記憶機能」は村人のみ使用できます。


「先生…うちの子は治るんでしょうか?」
「……えぇ、絶対に私が治してみせます。」

 そういうと目の前の両親は、小さな娘につけた、眼を覆う白い布を外した。

 そこには淡く発光する、丸いものが詰まっていて、まるで複眼のようにも見える眼があった。

 光眼。それが彼女の奇病の名前。手術成功例はたったの一度。
 早速私に、治してみせますと言ってしまった後悔が押し寄せる。



 光眼とは、読みは一緒だが勿論金の玉のことではない。

 光虫という絶滅危惧種の虫が目に入り込み、光虫の卵が目の中で育っていく病だ。

 光虫はその体の中で卵を育てるのだが、卵を守るために毒素を放出する。

 育ち切ったり、卵が割れるときはもちろん、眼球を取り出すときも、しっかりと根を貼っている光虫はそれを感じ取って毒素を放出する。

 なので助けるには目を薄く切り卵を割らないように一つ一つ取っていかなければならない。取りきると光虫も毒素を出さないので、後は全て取り除けばいい。

 しかし、これが難しい。光虫の卵は割れやすく、成功例が一度しかないことから分かるだろうが、殆ど不可能だ。

 …本当にこんな難しい手術が私にできるのだろうか?
 絶対に無理だという確信がある。

 手術は十日後にまで迫った。

【追記】

「せんせい…私は本当に治るの?」
「ああ、絶対治してみせるよ。」

 嘘を積み重ねる。だが少女は薄々分かっているようで、どこか影のある笑みを浮かべた。

「私の目ってどんな感じ?」
「淡く光っていて、綺麗だ。」
「じゃあ、治さなくてもいいかも。」
「それは駄目だよ。」

 そんな他愛もない会話を繰り返していたとき、とある団体が私のもとに現れた。

「初めまして。光虫保護団体の者です。」
「はぁ…光虫保護団体さんが、何の御用で?」

 分かってはいたが、聞いてみたところ、やはり予想通りの答えだった。

「十日後の手術をしないでください。」

 光虫保護団体が言うには、少女の目に住み着く光虫は、最後の個体らしい。
 少女の目の卵から新しい個体が生まれなければ、光虫という種が滅ぶ。

 光虫の生態だとか、特性だとか、構造だとか、そんなものが色々と世界の役に立つ。

 それを光虫保護団体は一時間以上もかけて伝えてきた。

「しかし…それは、彼女を見殺しにするということです。」
「どうせ成功しませんよ。それに…ほら。謝礼としてこちらを。」

 そういって光虫保護団体が見せてきた鞄の中には、札束がぎっしりと詰まっていた。



コメント
コメント投稿機能は村民のみ有効です。 移住する


TOP

Tweet

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.