033:貴族のロボットと奴隷のニンゲン


「コノ ゲセンナ ニンゲンメ!」

ロボットの貴族は奴隷の人間に怒鳴った。

「ああ!許してくださいご主人様!」

貴族は奴隷に鞭を打ち、奴隷のやせ細った大腿から血が流れる。

「オマエハ ナゼコンナ カンタンナ コトシガ デキナインダ!」

「すみません!すみません!」

貴族は鞭を打つのをやめない。
奴隷は徐々に動かなくなっていった。

「ハア・・・ハア・・・オイ・・・」

「・・・・・・」

奴隷は動かない。




「マスター ダイジョウブ デスカ」

「おいおいおい!プレイの最中だろうがお前が貴族で俺が奴隷!
せっかく乗ってきたのに!」

「シカシ マスターノ カラダガ・・・」

「いいから最初からやり直し!」



「コノ ゲセンナ ニンゲンメ!」

「あ・・・あん!」


WCR投票リンク ↑押すと作者がちょっと頑張ります。
広告


TOP

Tweet