2か月ぶりである。どうしてこの男はブログをサボるのだろうか。まあこれからはちゃんと3日に1回は書いていきたいと思う。

さて、話は変わりイラストの話・・・。

スカートが描けない
スカートが描けない
スカートが描けない

なんなの?あのひらひらの布っ切れはよぅ!何回描いても何回描いてもスカートっぽく描けないんじゃい!

図1.スカート?

どうすれば俺はスカートを上手に描けるんだ!?そう悩み狂う私の脳内にマリー・アントワネットが言ったとされるあの言葉が天啓の如く鳴り響いたのだった。

「パンがなければお菓子を食べればいいじゃない」

それだ

スカートを穿けばいいじゃない

なんかどっかの漫画で読んだけれども、マンガを描くことで重要なのは取材であるらしい。作者の経験がそのままマンガに反映されるのだ。

ならばもう穿くしかないよね。スカートを描けなければスカートを穿けばいいのだ!ありがとう、マリーさん!

そんなわけで買ってきましたコスプレ用のJKセーラー服(リンク)。

コレがあればワイのスカートを描く技術も神絵師レヴェルに昇華すること間違いなしである。

よっしゃああああああ穿くぞ!

待て待て待て。短い。主に上。あれ?これフリーサイズじゃないの?ああ「女性用で」フリーサイズか。要するに男が着ることを前提に作ってねぇな?

まあいい、目的はスカートのひらひらなのだから。どんどん撮影して知識を身に着けるぞ!

※クリックで拡大

そしてこう・・・自撮り風に撮影したり、捲ったりしてさ。

アクションマンガ用に上半身が破れたときとかさ・・・

なんか徐々にストッキングの部分が痒くなってきたんで撮影終了。

・・・うん。なんというかね。まあ何が言いたかったというと、コスプレの服はケチるな。

以上。