ログ書く時間ないから過去記事載せるぜ!


!!この記事は2016/06/06に別のブログで書いたものを再掲したものです。

さすがに記事1つぐらいは書かないとアカンと思うのでなんとなく機材紹介

今回は↑の右側について書く


BLITZ BY ARIAPROII BSG-STD Wine Red(改造)
ボディ:バスウッド
ネック:メイプル-セットネック
フレット:22(26?)
コントロール:2Vol,2Tone,3WayPU
(メーカーサイトより)

2年前くらいに御茶ノ水の下○楽器で17000円くらいで新品購入
多分持っている機材の中で一番高い
当時はレフティモデルが存在するこのギターを買ってよかったと思う
それと軽さの面でもよかった
ダブルギターをレスポールで作ってたら弾くたびに首が死んでたと思う

弾き心地は知らん
2万円を超える機材を持ってないし
先日、数十万するストラトを弾かせてもらった時はその差に愕然とした

以下、改造など

自作のストリングダンパー
アンジェロ先生が使っている奴は1万円ぐらいするのでホームセンターで材料を買って500円くらいで作った
最近はアンジェロ先生のシグネチャ的なやつで2500円くらいでストリングダンパーが出てたので買おうかと思っている
詳しい説明は別の記事で書くかな
ただでさえ書くことないから


ピックアップ周辺
ピックアップはダンカンのインベーダーに交換(してもらった)
22フレットだとアンジェロ先生の曲が一部弾けないため、フロントピックアップとネックの間に無理やり木材を入れて26フレットぐらいの音まで出せるようにした
もちろん驚くほど音が伸びない


コントロール周辺
イキルスイッチ(命名、改造してくれたお店の人)を追加
キルスイッチは押すと音が切れるアレ
イキルスイッチは逆に普段は音を出さず押した時に音が出る
キルスイッチの方はダブルギターで反対側を弾くときのミュート用にしか使っていない
誰か使い方教えてくれ

今のところはこんな感じ
改造案はまだあるけど金が無いので実装はまだまだ先

以上