弾幕ゲーを作るぞ その1

カテゴリ:ゲーム
幕ゲーム作り始めたで~

前回の続き



ブラウザ上で動きまする。
使用したのはphina.jsbulletml.jsというJavaScriptのライブラリとBulletML

 なんだろう、凄く楽だった。なんやねんこのライブラリ。すげー便利すぎる。
ひと昔前はenchant.jsとかあったけどそれよりははるかに分かりやすい・使いやすい。ゲーム作成処女のワイでもイケた。

 実際動画の内容のものであれば、1時間かからんぞ(とはいってもサンプルコピーして数値変えただけだけども)

こないだ設定した目標は

①とりあえず動かす。←完
②なんかWEBブラウザ上でできる弾幕ゲーをいい感じに作る。←未
③ユーザが自由に弾幕を作ることが出来るものを作る。←未
という感じだろうか。

 とりあえず今回はあたり判定もHPもなくて、ただ弾をばらまくだけの感じだったんでそれらを実装するかな。

 BGMはワイが数分で作成しました。TuxGuitar使ってな。もう少しゲームがまともなものになったらちゃんと曲作りたいな。とは言うてもゲームミュージックとかよく分からんし、どうすればええんやろ。激歪みメタルギターとか入れちゃっていいの?

 とりあえず変拍子はゴリゴリ入れたい。ゲームの世界観に合ってようが合って無かろうがゴリゴリ入れたい。13/16拍子どしどし挿れたい。

 変拍子いいよね、変拍子。

 ドット絵もワイが適当に作ったで~。今は便利なツールが無料でたくさんあるんやな。


りま今回のまとめ。

phina.js←神ゲームライブラリ。
bulletML←弾幕をXMLとかで定義することが出来る凄い奴。
bulletml.js←bulletMLをphina.jsで使えるようにするライブラリ

正しい表現かどうかは知らんけど
「bulletMLの形式で記述された弾幕情報(XML)をbulletml.jsがphina.jsにうまい感じに渡して、弾幕を発射する。」
違うかな?まあいっか。

 あ、そういやそのXMLとかの外部情報をAjaxで取っている?(まだ調べていない)から生成元ポリシのアレでうまく取得できなかった。
 そこが若干引っかかって時間をかけてしまったなあ。

 まあ回避方法はいくらでもあるからね。ローカルじゃなくてサーバに置いて実行すればおkおk。もしくはXMLの情報をJavaScript上で全部文字列で変数に突っ込むとかさ・・・。

 ソースは後でうpする。

以上



TOP

Tweet

プライバシーポリシー | HOME | お問合わせ
copyright © since 2019 suikentsukai.